leftshadow

ベトナムの進出支援・駐在員事務所・法人設立・会計税務なら、アットナビbyVBP会計事務所

アットナビ ベトナム

お問い合わせ先
お問い合わせ サイトマップ 会社概要 ホーム
ベトナム人正社員雇用支援サービス 会社、不動産ご契約までの流れ 賃貸オフィス情報 アットナビ加藤のベトナム総論 ベトナム最新ビジネス特選情報 ベトナム進出支援 会計・税務コンサルティング
VIETNAM - ベトナム
HOME> ベトナム人正社員雇用支援サービス
ベトナム人正社員雇用支援サービス
■ベトナム人正社員雇用支援サービス
ベトナムでの幅広いビジネスサポート経験と実績を活かし日本国内でのベトナム人財採用、ベトナム一流大学新卒エンジニア採用(エンジニア・IT・建築・通訳系)、ベトナムでの上級人材採用のサポートを致します。

■注目のアジアの人材
・IT産業、人材育成が国家政策であるベトナムは、GDPに占める割合を2020年までに8〜10%へと育成する計画を立てている。ソフトウェア産業の規模は2011年実績で11.7億ドル。毎年20〜30%は伸びていくと見込んでいる。
年間5万〜6万人のIT人材を輩出しており、将来的には100万人をIT業界に就業させる計画である。
日本企業での新卒外国人採用が急増し、NECは2013年度(主に13年秋から14年春の入社が対象)の外国人新卒採用数を12年度比43%増やすほか、日立製作所にも25%増とする。国内で若年人口の縮小が続くなか、優秀な技術者を海外に求めるほか、アジア出身者の登用で成長市場の取り込みを狙う。(日経新聞2014年11月20日一部抜粋)
・ベトナム全土の小学校において、日本語を第一外国語として教える方針を政府が打ち出しており、日本語の喋れる人材が大幅に増える見込みがある

■サービス
ベトナムトップレベルの大学卒業のエンジニア、専門機関での教育を受けた人材採用、日本での就業経験者等、様々な人材の採用支援を致します。
・機械オペレーター
・ITエンジニア
・CAD
・ホテル、旅館
・飲食業
・その他ご相談下さい

■採用までの流れ

■ベトナム人正社員雇用についてQ&A
(研修生との違いなど)
一般的には研修生制度がありますが、これは3〜5年間日本で指導してベトナムへ帰るものです。
正社員(エンジニア)は期限がありません

■正社員雇用の大きな3つの利点
@雇用期間
技能実習生は、3年(2015年から5年への延長を政府が検討中)で帰国しなければなりませんが、ベトナム人技術者は日本での義務(納税など)と社会的違反行為が無ければビザの更新が可能です。
(同じ会社で10年勤務をすれば、永住ビザ取得が可能となります)
従って、より長期的な視野で人財を教育していくことが出来ます。

A年齢と学歴
技能実習生は、高校を卒業すれば手続きをする事が可能となります。
これに対してベトナム人技者は大学を卒業した人達ですから全員成人です。
また社会経験を積んだ人も多く、年齢に応じた人間力を持っています。

B業務範囲や場所
技能実習生は、業務する住所地と作業範囲が細かく設定されています。
ですから、NC旋盤で採用すればNC旋盤の業務のみが許容されている労働となります。
あるいは、簡単な溶接だけであり、その場所も特定されています。
しかしベトナム人技術者は単純作業のみの就労は制限されていますが、入国時に申請した技術に関係する全般の業務が可能です。
(建築であれば、設計だけでなく施工や管理も、現地・現場での作業も可能です)

上記以外も多数のメリットがあります。
・離職率が低い(就労ビザと雇用が直結しているため、安易な離職をしない)
・経験豊富(日本の大手商社をはじめとする勤務経験が、思わぬ経験値を保有していることも)
・英語が堪能な人財も少なくない(オリンピックを控え、受付などで語学堪能なスタッフは今後優位)

■お問い合わせ

ATgroup since 2003
会社、不動産ご契約までの流れ賃貸オフィス情報アットナビ加藤のベトナム総論ベトナム最新ビジネス特選情報
ベトナム進出支援会計・税務コンサルティングお問い合わせ会社概要ホーム
copyrights アットナビジャパン All right reserveds
rightshadow